• 火. 1月 18th, 2022

「危険な7日間」6日間の集計結果。交通事故2,488件、死者数300人、負傷者数2,471人。

Byサイト運営

1月 4, 2022

タイの防災・軽減局(DDPM)は、12月29日から1月3日までのいわゆる「危険な7日間」において、合計で2,488件の交通事故、300人の死者、2,471人の負傷者が記録されたと報告しています。

1月3日の最終日だけで、死者34人、負傷者274人の264件の事故が記録されました。
事故原因の内容としては、過度のスピード違反(35.61%)が原因で、その後、突然の車線変更(22.35%)と飲酒運転(18.94%)が続きました。

事故の約83.03%はオートバイに関係しており、ピックアップトラック(6.64%)と自動車(3.69%)がそれに続いています。

交通事故の79.55%は、道路の直線部分で最も多く発生しています。

負傷者と死亡者の数が最も多かったのは40〜59歳の人で、15.58パーセントでした。

新年のキャンペーンでの6日間の死者数は300人に跳ね上がり、2,471人が負傷しています。

全体として事故の数が最も多い県はラチャブリー(92回)でした。
死亡者数が最も多かったのはバンコクの20人であり、負傷者数が最も多かったのはカンチャナブリー91人でした。

11の県(トラン、ナコンナーヨック、パッタニー、パンガー、プレー、メーホンソン、ヤラー、ラノーン、サトゥーン、サムットソンクラーム、スコータイ)では、交通事故による死者はありませんでした。

1月3日の事故による被害者数
「危険な7日間」の合計

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP