• 火. 1月 18th, 2022

タイのオミクロン株クラスター発生源を特定。その場所は第3波同様、歓楽施設からだった!

Byサイト運営

12月 30, 2021

タイの疾病管理局(DDC)によると、ガラシンで起きたオミクロン株クラスターは、第3波と同じく歓楽施設であるバー&レストランからが発信源であると考えています。
現在、このクラスターから直接オミクロン種に感染したものは248人に昇ると言われています。

さらに2次、3次と感染した人々は現在、東北部と北部の12県に広がっています。

ベルギーから帰国したタイ人夫婦が12月12日、ガラシンのバーを訪れました。
彼らは12月10日にCovid-19の陰性を得ましたが、後でオミクロン株に感染していたことが判明しました。

DDCのチーフであるオパス博士は、このカップルが県内の3つのバーを訪れていたと説明します。
これは仮にバーQ、バーS、バーKと呼称します。

バーSは、公衆衛生省の勧告の下で、他の2つのバーよりも優れた対策措置を実施していたとオパス博士は述べます。

バーSはスタッフに毎週ATKテストを受けるように依頼し、すべてのスタッフは完全にワクチン接種されていました。また、同省のCovid-19予防ガイドラインにも準拠しています。
バーは午後11時に閉店し、許可された最大顧客数は40人で、追加の座席はありませんでした。
調査チームは、誰もバーSからは新たなコロナウイルスに感染していないことが分かったとしています。

しかし、「バーK」はATKテストを実施しなかったと述べました。
最大顧客数は90名でしたが、それ以上の顧客を入店させていました。
また、アルコール飲料のプロモーションがあり、深夜になってバーを閉めました。
バーKでは、Covid-19の予防策がうまく行われていませんでした。

「スーパースプレッダー事件の原因はバーKで始まり、イサーン(タイの東北エリアの呼称)と北部に多くのクラスターをもたらした」とオパス博士は結論づけています。

オミクロン株クラスターは、ガラシン、ローイエット、マハーサラーカム、コーンケン、ウドンターニー、ノーンブアランプー、サコンナコーン、ウボンラチャターニー、ランプーン、ランパーン、ピサヌローク、ペッチャブーンの各都市で発見されました。

DDCは、「バーQ」については言及しませんでした。

オパス博士はまた、バンコクのバー&レストランで発生した同様の症例を提起しました。
そこでは、Covid-19の52件の陽性症例が発見されています。
彼は、バーとレストランが必要なCovidフリー対策に従わず、DDCが空調システムにもCovid-19を発見したと述べています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP