• 火. 1月 18th, 2022

「富裕層であってもただの一囚人だ」イタルタイ元CEOを特別特別扱いしないと断言。

Byサイト運営

12月 30, 2021

タイの矯正局のスポークスマンは、有罪判決を受けた密猟者プレームチャイ受刑囚には特別な特権は与えておらず、他の囚人と同じように扱われていると主張しています。

タイの巨大デベロッパー企業イタルタイの代表は、2年半の刑期のため投獄され、21日間の隔離検疫を終えました。

彼は、カンチャナブリーにあるトーンパプーム刑務所内で21日間の検疫中、よく休んでいて正常に眠っていました。

同局のスポークスマンのタワットチャイ氏は、プレームチャイ受刑囚の妻からソムサック法務大臣に、夫が刑務所の外の病院で治療を受けられるよう要請されたことについて尋ねられました。

彼は、すべての囚人がこれを要求する権利を持っているが、それは刑務所の医師の裁量次第であると回答しました。

彼はマスコミに、プレームチャイ受刑囚は単なる一人の囚人であり、刑務所内の他のすべての人と同じように扱われることを保証しています。

タイの場合、富裕層が(その親族であっても)殺人を犯しても逮捕すらされないケースもあり、このような大企業のお偉方が刑務所に贈られることは異例とすら感じます。
逆に一体何かあったのでしょうか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP