• 火. 1月 25th, 2022

日本での仕事を斡旋すると募集をかけ手数料をネコババ。コーンケンで女詐欺師を逮捕。

Byサイト運営

12月 28, 2021

人身売買防止部門(ATPD)によると、日本での仕事を斡旋すると求人ブローカーを装い、手数料としての費用を人々から騙し取った罪で検挙されました。

コーンケンのバンコ―で逮捕されたパウィニー容疑者(37歳)は、自分の名前でFacebookアカウントを使用して就職斡旋サービスを宣伝していました。

彼女は、5,900バーツのサービス料を喜んで支払う人々のために「日本での仕事を確保することができる」と吹聴していました。
多くの人が彼女の銀行口座に送金しましたが、その後彼女は銀行口座を閉鎖し、被害者との連絡を断ち切りました。

被害者は団結し、苦情を申し立てました。

パウィニーさんは容疑を否定し、彼女はお金を返したと主張していました。
しかし彼女は過去に、バンコクとコーンケンで同じような就職斡旋詐欺事件による逮捕状が出ていて未解決になっていたことが判明しました。

別のケースでは、ブーンヤポーン容疑者(37歳)が、人身売買容疑でソンクラーのハートヤイで最近逮捕されています。

ブーンヤポーン容疑者は、6月に数人の中国人と共謀しターク県メソートでSNSで仕事を募り、多くの人が仕事に応募しましたが、応募者らは国境を越えてミャンマーのミャワディに連れて行かれ、そこでいわゆるオレオレ系の詐欺師として働かされていました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP