• 火. 1月 25th, 2022

あれから17年。12月26日スマトラ沖地震によりプーケット島を大津波が襲いました。

Byサイト運営

12月 27, 2021

毎年クリスマスが過ぎると、一部のタイ人にはこの記憶も蘇ってきます。
2004年12月26日スマトラ島北西沖のインド洋で発生したマグニチュード9.1の地震により津波が発生し、タイ政府の公式統計によると、4,812人が津波で死亡し、8,457人が負傷し、さらに4,499人が行方不明(推定死亡)という大災害が発生した日になります。

17年前の12月26日、タイ国民は、東南アジアやタイ南部の西海岸を含むインド洋周辺の多くの国を襲った壊滅的な津波によって、信頼できる津波早期警報システムが不足していることに気づかされました。

科学研究革新省の地震の危険性を軽減するプロジェクトの責任者であるペンヌン博士は、このアジア津波の日についての見解を表明し、生涯に別の津波の可能性があることを示唆しました。
アンダマン海の下に巨大なエネルギー源が蓄積されており、地震や津波の形でまだ放出されていないためです。

最悪のシナリオでは、別の津波が発生した場合、緊急に実施できる避難計画がない場合、人々が時間内に安全に避難するかどうかはわからないと彼は述べています。
避難は複雑なプロセスがあり、適切な準備がなければ、時間内に避難できないために多くの人が死ぬのではないかと彼は言います。

カセサート大学の研究者であるパサコーン助教授は、タイに影響を与える可能性のある近隣諸国の強力な断層線研究の必要性を強調しています。
彼は、タイの津波シミュレーションモデルを作成する際に制約があり、それは海と陸の両方でタイの海岸に高精細な地理データがないことであると主張しています。

「災害は忘れたころにやって来る」と日本で昔よく使われていた標語ですが、日常を過ごすタイ人のほとんどは、すでに記憶の遠い片隅に追いやられているのかもしれません。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP