• 火. 1月 25th, 2022

バンコクは世界大気質指数(AQI)で最も汚染が進む都市、第14位。

Byサイト運営

12月 25, 2021

タイ汚染管理局によると、タイの首都バンコクは世界大気質指数(AQI)で第14位にランクされました。
12月23日、同局はバンコクとその周辺の大気質は今後7日間でさらに悪化し、大気中のPM2.5が蔓延するだろうと述べています。 

汚染管理局とバンコク都によって12月24日午前7時に編集された大気質の測定値は、39から96ミクロン(標準値50)の範囲のPM2.5のレベルを示しており、ほとんどの地域で過度の粉塵が舞っていることが判明しています。

バンコクの2地域とサムットプラカーンの1地域の空気の質は、PM2.5の粉塵のレベルが高いため、過敏な人々にとって何らかの健康被害が発生している可能性があります。

具体的にはタウィーワッタナ運河で97ミクロン、マチャルーン~ペッカセム81で101ミクロン、サムットプラカーンのパクナム地区で93ミクロンという値でした。

タイの他の場所でも、ナコンパトム、サムットサコーン、サムットプラカーン、ピサヌローク、サラブリ、ラチャブリー、チョンブリーで過剰なレベルのPM2.5が検出されています。

地域の大気質の測定値は次のとおりです。

北部地域、22-51ミクロン
東北部、18〜45ミクロン
中央および西部地域、39〜67ミクロン
東部地域、28-57ミクロン
南部地域、9-30ミクロン

PM2.5のレベルが高すぎる地域に住む人々は、屋外での活動を避け、屋外ではN95マスクを着用することをお薦め致します。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP