• 火. 1月 25th, 2022

【バトミントン】タイ人選手が決勝で、渡辺勇大&東野有紗組を下し、見事金メダル!

Byサイト運営

12月 21, 2021

日本人には、タイ人とバトミントンはあまりイメージが繋がらないかもしれませんが、とても人気のあるスポーツで、強い選手もいるのです。

2021年世界バドミントン選手権大会の混合ダブルスで、デーチャーポン・プアワラヌクロー選手(通称:パス)とサップシリー・タエラタナチャイ選手(通称:ポポ)が、決勝戦で渡辺勇大&東野有紗組みを13-21、14-21で破り、金メダルを獲得しました。

この「BWF世界選手権2021」最終戦は、12月19日スペインのウエルバで開催されました。

「来年の私たちの目標は、中国の杭州で開催されるアジア競技大会でメダルを獲得することです」とバス選手は次回の豊富を語りました。

「今年はとても満足しており、ファンにも感謝しています。私たちは非常に多くのイベントをプレイしてきました。重要なのは、試合が終わるたびにすぐに回復し、十分な休息をとることでした。」と、ポポ選手は試合後に語っています。

この報を受け、プラユット首相は彼らを称賛しました。
政府のスポークスマンタナコーン氏によると、彼らの成功はタイの人々やタイのスポーツファンへの新年のプレゼントになったとプラユット首相は語っていたと言います。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP