• 火. 1月 25th, 2022

旧インラック政権が残した負の遺産により2兆円弱の損失。未だに国家予算の20%近くが借金漬けに。

Byサイト運営

12月 11, 2021

旧インラック・シナワトラ政府の悪名高い稲作プログラムで約22万トンの低品質米が政府の在庫に残っており、それによって講じた損失は約5千億バーツ(1兆7500億円)と推定されています。

政府の副報道官ラチャダー氏は、数年前に稲作計画が打ち切られたとしても、財政的負担は依然として国家予算に重くのしかかっていると状況を説明しました。

国営の農業農業協同組合銀行(BAAC)は、予算局が2022年の財政予算の下で、この制度によって発生した債務をBAACに支払うために690億バーツ(約2400億円)を確保したと報告した。

現在、政府はBAACに支払う債務によって1千億バーツの負担が生じており、予算局は毎年債務を支払うために国家予算の10~20%を割り当てると予想されていると付け加えています。
この問題をクリアーするのに3~5年はかかるとも言われています。

また商務省の下にある国営企業である公的倉庫機構(PWO)には、約22万トンの米が在庫に残っている状態で、稲作計画の会計処理をまとめなければならないとも述べています。

金のバラマキ目的だったこの政策は、すべての米の品質を下げ、人間や動物による消費には適していない物ばかりで、それは産業目的にのみ使用できるとラチャダー氏は語ります。

PWOは、2011年から2014年の収穫期の計画の結果として、5千億バーツの損失を見積もっています。
それに関連して、この件について約1,443件の訴訟が提起されていることも挙げられています。

PWOが提起した1,143件の訴訟のうち、1,136件が中央行政裁判所に提起されており、残りは最高行政裁判所で審理が保留されています。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP