• 月. 1月 24th, 2022

【警告】シーラチャのバス内で運転手が死亡。アルコールと果物の食べ合わせが原因か?!

Byサイト運営

12月 7, 2021

日本人駐在員の多く住むのシーラチャ地域にあるレムチャバン警察は、バスの荷物室でカラシン出身の39歳のスチンさんの死体が見つかったと発表しました。

彼は上半身裸で、顔を上にして毛布で覆われていました。
彼は死後4
時間が経過していおり、事件性を思わる不審な点はみつからなかったとのことです。

バスは砂糖工場の近くに停車してあり、労働者の送迎に使用されました。

彼の友人であるは、バスは3日間使用されておらず、スチンさんは車両を管理していたと述べています。

彼の証言によると、昨夜のスチンさんは19時から大量のラオカーオを飲み、ラムヤイを食べていたとのことです。

当局は、この混合物が寒い天候に加わったことが彼の死を引き起こしたのではないかと考えています。

遺体は、さらなる調査のため検死に送られました。

地元メディアによると、アルコールと組み合わせて特定の果物を食べるのは危険だと言います。
特に有名なのはドリアンで、タイ人はアルコールとドリアンを食べないよう警告をしています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP