• 火. 1月 18th, 2022

バンコクの飲食店9,380店が安全基準に合格、172店が基準を満たしていない、1店が閉店に。

Byサイト運営

12月 3, 2021

バンコク都(BMA)は、12月より飲食店が23時までアルコールの提供が許可された後、12月1日水曜日に安全衛生局(SHA)の措置の下でレストランを検査するための共同運営チームを設立しました。

一方、閉鎖されたままの夜の風俗街は、対策がさらに緩和されたときに営業を再開できるように、「Covid Free Setting」の準備をするように促されています。

BMAのチームは、バンコク全体でアルコールを提供する合計15,840のレストランから10,161を検査したことを明らかにしました。

彼は、9,380の事業所がSHA / SHA Plus基準に合格し、172の事業所が基準に達していないことが判明したと述べました。
そして、1つのレストランだけが、閉店するように命じられました。

SHA / SHAPlus認証をまだ取得していない飲食店は、ウェブサイトhttps://www.tourismthailand.org/thailandshaから許可を得るために登録することが可能です。

彼は、まだ再開が許可されていない夜の娯楽施設、パブ、バー、またはカラオケ店は、「Covid Free Setting」と「Thai Stop Covid 2 Plus」を実施して、許可が下りたら再開ができるよう準備をしておく必要があると付け加えました。

堂々と店名に「バー」と書かれたお店が11月から営業していますが、閉店を命じられた1件はよほど何かあったのでしょうね。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP