• 日. 12月 5th, 2021

バンコク名物凸凹歩道が、日本のような美しい歩道に生まれ変わる日がやってくる?!

Byサイト運営

11月 24, 2021

11月23日バンコクのアサウィン知事は、パトゥムワンからラチャプラソン交差点までのラマ1道路改修の進捗状況を個人的に視察に赴きました。

首都のパトゥムワン地域を改修するプロジェクトは10月1日に開始され、3月29日までに完了しなければなりません。
目的は、歩道、路面、および道路の中央帯を改善することです。
このプロジェクトでは、事故を防ぐために134個のスマート街路灯とフェンスも設置されます。
歩道には、障害者用の点字ブロックと車椅子用スロープも設置します。

バンコク都(BMA)はまた、この地域の下水道と地下ケーブルの修理と改善が議題になっていると述べています。

プロジェクトは5.36%完了しており、BMAは、サイアムスクエアソイ3とソイ7の間のエリアが年末までに完了する見込みです。
一方、サイアムスクエアソイ3とラチャダムリ通りの間、およびファイアタイからラチャダムリ通りまでの工事は、来年のソンクランの前に完了する予定です。

このプロジェクトは、首都の他の道路の改良プロジェクトのモデルプランとしても機能しています。

バンコク名物凸凹歩道が、日本のような美しい歩道に生まれ変わる日がやってくるのでしょうか。
それとも伝統・名物はそのまま引き継がれるのでしょうか。
見どころです。

使用前
使用後

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP