• 日. 12月 5th, 2021

「交通戦争」真っ只中のタイで、大規模なストリートレースの取り締まり。バイク2万台、逮捕者1千人。

Byサイト運営

11月 23, 2021

日本がかつて「交通戦争」と名付けた時代、約2万人もの人が毎年交通事故でなくなっていました。
タイはそのような状態が数年規模で続いています。
それはこういった怖いもの知らずの連中がいるからなのかもしれません。

最近の全国的なストリートレースの取り締まりで、約2万台のオートバイが押収され、約千人の運転手が逮捕されました。

警察の副署長兼公道交通抑制センターの所長であるダムローンサック氏は、11月11日から20日の取り締まりにより、警察が922人の運転手とその同乗者を逮捕し、19,046台のオートバイと118台の車を押収したと発表しました。

2,500人以上の親が公式に警察から警告され、オートバイを改造した182カ所のガレージも摘発されました。

約3,382台のオートバイに違法な排気管が取り付けられていたことが判明し、13人の容疑者がこの危険なレースを促進したとして逮捕されました。

警察は、ストリートレースをより強力な取り締まりを行い強化していくと述べています。
そして法律も、これらを抑制するためにより大きな権限を与えるよう改正されていると付け加えています。

警察はまた、インターネットの影響力者やYouTuberに協力を求めて、公道でのレースに対する罰則の可能性についてレーサーに警告し、陸運局と協力して、道路を適切かつ安全に使用する方法について若者を教育しています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP