• 土. 11月 27th, 2021

2021年は、最も自然に優しいロイクラトン祭りとなったようです。

Byサイト運営

11月 21, 2021

11月19日この日のタイは、事前の報道に反して全国的にロイクラトン祭りで大いに賑わいました。
道路は渋滞の極みとなり、人々はとてもソーシャルディスタンスなど保つことができないほどの人の出となっていました。

ロイクラトンの翌朝、バンコク都(BMA)は、首都のさまざまな水路から403,235のクラトン(灯篭)を収集したと発表しました。

BMAは、ロイクラトンの後、バンコクの水路をきれいに掃除します。ほとんどの水路で発見されたクラトンは環境に優しいものでした。
収集期間は、金曜日の20時から土曜日の午前5時まで行われました。

バンコクのアサウィン知事は、収集されたクラトンについて、388,954は天然素材で作られ、14,281は発泡スチロールで作られていたと述べました。

彼はまた、今年収集されたクラトンの数は昨年から18.13パーセント減少したが、環境に優しいクラトンの数は昨年の96.40パーセントから96.46パーセントに増加したと述べています。

さらに、BMAがクラトンを家族あたり1つに制限するよう求めたことで、過去3年間に収集されたクラトンの数を減らすことができました。
昨年は492,537個、2019年には502,024個、2018年には841,327個でした。

バンコクの50地区のうち、クラトンの数が最も多かったのはチャトゥチャックで、12,595が収集され、最も少ないのは、99のみが収集されたバンスーでした。
チャトゥチャックはまた、最も環境に優しいクラトンを使用していましたが、クロンサムワ地区は最も多くの発泡スチロール等の自然に良くない素材のクラトンを使用していました。

外国人観光客が少なかったのも影響していたのかもしれません。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP