• 土. 11月 27th, 2021

バンコク。「タイストップCOVIDプラス」認定店でもアルコール提供可に。

Byサイト運営

11月 15, 2021

バンコク都(BMA)は、観光スポーツ省によって付与されたSHAの認証に加えて「タイストップCOVIDプラス」を取得した飲食店で、アルコール飲料を提供することができるよう制限を緩和することを決議しました。

バンコク都では11月16日火曜日から、保健省によって新たに承認された「タイストップCOVIDプラス」証明書を持つ飲食店は、21時までアルコール飲料を提供することが許可されます

BMAは、11月1日にレストランでのアルコール消費の禁止を解除し、SHA認定の飲食店が21時までアルコール飲料の販売サービスを再開できるようにしました。
バンコクのアサウィン知事は、規制の緩和は段階的に進めなければならないという理由で、当面は21時までレストランでの飲酒を許可することでCovidの状況を監視していきたいと考えています。

知事はBMAが2週間ごとに状況を評価し、一般市民と事業者が役所とどの程度協力しているかを検討し、当局はそれに応じてアルコール消費期間を延長することを検討すると述べています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP