• 日. 12月 5th, 2021

アヌティン氏、中国製ワクチンは世界では通用しない可能性があると言及。

Byサイト運営

11月 14, 2021

アヌティン公衆衛生相は、シノバックワクチンは他のワクチンより劣っていないと改めて主張しました。

先週、スイスで開催される世界保健機関(WHO)の会議に今月出席するために、4回目のブースターショットが必要であることが明らかになり、こう述べました。

アヌティン氏は、2月に最初に2回のシノバックの投与と、3回目のアストラゼネカの追加ワクチンを受けていました。
しかしスイスを訪問する場合、4回目のブースターショットが必要であることが明らかとなったのです。

アヌティン氏は、4回目のブースターショットの理由は、シノバックワクチンが他のワクチンよりも劣っているからではないと改めて主張しています。

しかし、スイスの入国要件を満たすためには、この主張は通りませんでした。

彼は、この問題はスイスや他の国々によるものであると言います。
彼はまた、スイスや他のいくつかの国は、タイ政府によって実施されたいわゆるミックスアンドマッチワクチン接種政策をまだ認識していないと持論と主張続けました。

このため、タイはワクチン接種戦略の再考を余儀なくされる可能性があると彼は認めています。
彼は、シノバックとシノファームワクチン接種を受けた人々が海外に旅行する必要がある場合、追加のmRNAワクチンを取得する必要があるかもしれないと付け加えました。

どこにもアジアの小国以外に買い手のつかない、中国製ワクチンを押し付けるように寄付すると中国政府が発表していましたが、無駄なワクチンを打って体調に急変を及ぼすような結果になってしまったら、目も当てられません。
タイが発展途上国から抜け出したいという思いがあるのなら、スタンダードを世界基準にしていかなければなりません。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP