• 土. 11月 27th, 2021

ホイクワンで逮捕された大規模マネロン容疑者。タイ警察は何故釈放したのか?

Byサイト運営

11月 13, 2021

タイ王国警察は、南部地域での石油密輸事件の首謀者とされる人物が懲役刑を言い渡されたにもかかわらず釈放されたため、パッタニーでの警察プロセスの調査を命じました。

サハチャイ、または「ヂョー・パッタニー」は、ソンクラー地方裁判所が2月にマネーロンダリングを企てたとして逮捕状を出し、11月5日にホイクワン地区で逮捕されました。

53歳の容疑者は拘留されておらず、逮捕から2日後に自宅を捜索した後、警察は彼の所在が不明となってしまったと言います。

ソンクラー地方裁判所が発行した令状に加えてサハチャイ容疑者は、2014年に公式文書を改ざんした罪でパッタニー地方裁判所からの令状を求められ、1年9か月の懲役を宣告されていました。

しかしその際に検察に送られた後、令状の記録がシステム上で見つからなかったために法的手続きを続行できなかったとし、サハチャイ容疑者はパッタニー地方裁判所へ連行されませんでした。
そして、この過程でサハチャイ容疑者は逃亡したと言います。

これの事実にてらして、国家警察署長のスワット氏は、この事件で何が起こったのかを精査し、3日以内に報告するように指示しました。

警察は今、彼が国を去ったかもしれないと疑っています。

そして誰も責任はとりません。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP