• 土. 11月 27th, 2021

ナコンシータマラートの刑務所で、1000人規模のクラスター発生!

Byサイト運営

10月 27, 2021

タイ南部のナコンシータマラートにある刑務所で最大警備部門の1,000人以上の囚人が、新型コロナに感染しており、そのうち396人が症状を示しているとのことです。

刑務所当局者は感染がどのように発生したのかわからないと述べたが、クラスターが発生しているゾーン6は、最低刑期30年の囚人と死刑囚が収容されている場所なため、当局者のみしか立ち入りが許可されていない箇所であると述べています。

現在、囚人の間でのさらなる拡散を防ぐために、職業訓練棟は、ファビピラビル(アビガン)抗ウイルス薬とファータライジョーンタイの漢方薬療法で感染者を隔離して治療するために使用され、低リスクの囚人は別々に隔離されています。

親戚や許可されていない人の訪問は禁止されています。

一方、タイ南部のトランでは、163人の新しい囚人がウイルスに感染していることが判明した後、刑務所内が消毒されました。

新しい規制が課され、刑務所に収容されるすべての容疑者は、保健当局によって実施されるCOVID-19検査を受ける必要があります。

検査結果が陽性の場合、容疑者は刑務所内の仮設病院に送られ、治療を受けます。
陰性の場合、容疑者は別々に拘置所に収容されます。

26日のCOVID-19情報センターによると、ナコーンシータンマラートは533件の新規感染を記録し、バンコク901件、パッタニー621件、ソンクラーの620件に続いてタイの上位10都県の中で4番目に高い感染を記録しています。

ワクチン接種状況が特に報道されていないのですが、その点も気になります。
密閉された空間で感染が拡大するのは、間違いないようです。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP