• 日. 12月 5th, 2021

バンコク洪水の危険はまだ収まっていません。10月23日から30日まで警戒下さい。

Byサイト運営

10月 20, 2021

タイの公共防災・軽減局は、バンコク都(BMA)に、今週の10月23日土曜日から10月30日までチャオプラヤー川の水位の上昇に備えるように市内の川沿いの住民に警告してます。

18日月曜日、バンコクのアサウィン知事に送られた緊急の手紙の中で、同省の局長であるブーンサム氏は、気象局と水力農業情報研究所と協力して、チャオプラヤー川の4つの支流の1つであるピン川は、ナコンサワン市内を流れると予想されており、今週の金曜日から2,484 cm /秒から3,000〜3,100 cm /秒に増加します。

ピン川からの流出を管理するために、ある程度の水は灌漑用水路を介して貯留地域に迂回されますが、そのほとんどは、平均して、チャイナットのサッパヤ地区にあるチャオプラヤダムから排出されます。その水量は、2,700cm /秒になります。

これにより、チャオプラヤー川の下流セクションの水位が0.20〜0.40メートル上昇し、洪水壁で保護されていない地域に影響を与える可能性があると同局は述べています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP