• 金. 10月 22nd, 2021

7万4千人の犯罪者が工業団地にやって来る?! 過密化するタイの刑務所対策。

Byサイト運営

10月 1, 2021

タイ矯正局は、タイの刑務所の過密化を減らすために、軽微な犯罪を犯した者は電子ブレスレットを付けて工業団地で働かせるため、約74,000人の囚人を募集しました。

ソムサック法務大臣は9月30日、タイ矯正局は、軽微な犯罪を犯したとして有罪判決を受けた数千人の囚人に矯正施設の外で働くための一時的な休暇許可を与えることにより、刑務所の過密状態を30万人以上から約28万人に減らしたと述べました。

ソムサック氏は、外出を許可された74,000人の囚人は、軽い罰則と特別許可のある囚人であると言います。
それらは電子ブレスレットを介して居場所など監視されています。

同局はまた、民間部門と協力して機会を創出するために開発した工業団地で農業、畜産、占星術部門で雇用を創出することにより、元受刑者が再び犯罪を犯さないように支援していると述べています。

ソムサック氏によると、同省は74,000人の囚人のうち16,000人をこの地で働くように選択し、彼らは日給で331バーツを受け取ると言われています。
(おおよそのタイの最低賃金です)

また同省は、刑務所の過密状態を緩和するために10の法律を改正することを提案していると彼は述べた。
その中でも麻薬法、クラトム法、犯罪再犯防止法、身体的拷問防止法、少年刑法および証人保護法が進行中であり、この政府の任期中に発効すると予測されている。

タイは犯罪者が多く、刑務所が足りないとよく言われています。
何かにつけて恩赦を出すので、また犯罪者が戻ってくることも珍しくありません。
どこか、何かが上手くいってないので、このような悪循環が繰り返されているのではないでしょうか。
今回のような政策で、はたして上手く行きますやら。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP