• 火. 9月 21st, 2021

【タイ代表】西野朗元監督の後釜に、保険会社の女性社長?~兼ポートFCの会長

Byサイト運営

8月 24, 2021

タイサッカー協会(FAT)は、ワールドカップのアジア予選2次予選で敗退し、その座を追われた西野朗氏の後釜に、実業家のヌアンパン・ラムサム女史を男子サッカー代表チームのマネージャーに任命しました。

8月23日月曜日に協会は、ヌアンパン通称「マダムパン」がそのポストにふさわしいと述べました。
彼女は以前、女子チームのマネージャーだったとき、2回FIFAワールドカップの最終ラウンドに導いた経験があると言います。

タイのサッカー連盟は、彼女がその成功を男子チームで再現することを望んでいると語りました。
彼女は、U-23側も管理していきます。

彼女は「タイ代表チームの尊厳を取り戻す」とFATの発表時に述べました。
彼女は発表と共に即座に就任となりました。

タイが、6月の2022年ワールドカップ予選第2ラウンドで敗退した後、7月にFATが西野朗との契約を終了としたため、マネージャーが不在のままでした。

西野朗元タイ代表監督。タイにお詫びと感謝の言葉。

ヌアンパン女史は、ポートFCの会長です。
ビジネスの世界では、「Muang Thai Insurance Plc」の社長兼CEOでもあります。

ポートFCの会長がマネージャー就任とは…。
現場スタッフがコロコロチェンジしていきそうな予感です…。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP