• 金. 9月 17th, 2021

タイ国内産の新型コロナ治療薬「ファビピラビル」(アビガン)を食品医薬品局が承認。来月にも現場供給へ

Byサイト運営

7月 23, 2021

「ファビピラビル」(アビガン)は、タイで新型コロナウイルス患者を治療するためにしばらくの間使用されてきました。
その結果、タイ政府製薬組織(GPO)は現在、自国で医薬品を製造するまでに至り、今週食品医薬品局(FDA)からその製品を承認を受けました。

この薬の需要は1日あたり約30万錠つまり1か月あたり900万錠を必要としています。
国内産ファビピラビルは、来月にも処方される予定です。

GPOは、この国内生産で月に200万から400万回の生産を賄い、現在輸入に頼るその約半分を補えるだろうと述べています

患者の体重と症状の重症度にもよりますが、完治するまでには一人の患者につき約70錠を必要とします。

公衆衛生省のガイドラインによると、「ファビピラビル」は、軽度の症状のあるリスクの高い患者や肺炎が発症した場合に使用されています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP