• 日. 7月 25th, 2021

シノバックとアストラゼネカのワクチンミックス接種後、当日に死亡。

Byサイト運営

7月 21, 2021

7月20日火曜日にプラチュアップキ―リーカーンで家庭教師センターのオーナーが、アストラゼネカ社製ワクチンを接種した後、死亡が確認されました。

シノバックとのミックス接種後、死亡

彼女は、家庭教師兼授業センターの所有者であるポーンパック・サッタソポーンさん(39歳)と言うことが明らかにされました。

7月20日に彼女が営む学習センターで発見された遺体は、死後約3時間が経過していたと言います。

死んだ女性の夫、サクシット・ドゥジュワンさん(44歳)は、彼と彼の妻の両方が、以前に一回目のワクチンとしてシノバック社製ワクチンを接種後、19日月曜日に2番目のワクチンとしてアストラゼネカ社製ワクチンを接種したと言いました。

彼の妻は、19日月曜日に頭痛と風邪のような症状があると夫に言ったとのことです。
しかし翌火曜日の朝には、症状が和らいだようでした。
しかし、その火曜日の19時には妻が自分の部屋で死んでいるのを発見し、救急車を呼ぶことになりました。

夫のサクシットさんは、妻の遺体を今、徹底的に検死されていると語ります。

彼女の死により、夫はワクチンや国の公衆衛生システムに自信が持てなくなったと述べていました。

チュラロンコーン大学のヨーン博士が推奨するシノバックとアストラゼネカのワクチンミックス接種ですが、その後、タイのチュラポーンロイヤルアカデミーやWHOも「ミックス接種は危険」との警告を発していました。
命に問題なくとも副反応が大分しんどいという声は、大勢より伺っています。
早く信頼できるワクチンの供給、さらに改良型の開発を急いでほしいものです。

チュラポーン・ロイヤルアカデミーは、ワクチンのミックス接種は推奨せず。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP