タイ国内線はバンコクなどからの運航を一時取りやめに。7月21日からの新たな規制強化による。

新たな規制強化は、民間航空機にも影響が及びます。

タイ民間航空局(CAAT)によると、バンコクや政府がCovid-19のリスクが高いと分類したいわゆるダークレッドゾーンからの国内線は、7月21日(水)から一時運行が停止されます。

発表によると、医療便、緊急着陸機、政府の観光再開プログラムに関連する便は例外となっています。

それ以外での国内線のフライトは、搭乗者数50%以内での運行が認められています。

【在タイ日本国大使館】タイ政府が7月20日から新たに適用する規性強化ついての詳細

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る