• 月. 10月 18th, 2021

チョンブリー県でも首都圏同様のロックダウンを採用。ただし義務ではありません。

Byサイト運営

7月 13, 2021

チョンブリー県では、バンコク首都圏で施行されているように7月13日から追って通知があるまで、人々は在宅を求められます。
ただし義務ではありません。

21時から午前4時までの間、営業を禁止とするのは、
ガソリンスタンド、レストラン、あらゆる種類のフード屋台、露天商、デパート、小売店、セブンイレブンなどのコンビニエンスストア、すべての市場、マッサージ店、プール、ウォーターパーク、ゲームセンター、インターネットカフェです。
アミュレット(お守り)ショップ、美容クリニック、タトゥーショップ、およびナイトライフの休業は、以前のまま適用されます。
基本的に、病院や法執​​行機関のような必須サービスではないすべての事業は閉鎖となります。

病院の食堂は、これらの時間帯でも開いたままである可​​能性があります。

アルコールの販売は20時から午前4時まで販売禁止となります。
これらの時間にグループ(複数の人)で集まって飲んだりパーティーをしたりすることは、現在のチョンブリー県疾病委員会の命令により裁かれます。

ナイトライフ、バー、映画館、遊園地、ゲームセンターなどの閉鎖など、以前のすべての閉鎖命令は引き続き有効であり、変更されていません。
レストランでのアルコール販売も引き続き禁止となっています。

これらの時間帯は在宅の協力をお願いします。
これは書かれているように、これまでのところ「要求」であり、義務ではないように見えますが、意図は明らかです。
絶対的な緊急事態でない限り、これらの時間帯は家にいてください。
事務処理など、これらの時間帯に外に出かけることが不可欠または重要である場合のみとして下さい。
各チェックポイントでは、その不可欠性を証明するよう求められる場合があります。
事前にご注意ください。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP