• 土. 7月 24th, 2021

日本の甲府市と「ミニFTA」。本日にも覚書に署名。

Byサイト運営

7月 12, 2021

7月12日タイは、日本の甲府市との「ミニFTA」を通じてより深い貿易パートナーシップを形成するための覚書(MoU)に署名する予定です。

ジュリン・ラクサナウィシット商務大臣は、新しいパートナーシップがタイと甲府市の貿易、投資、経済協力を後押しするのに役立つと信じています。

これはタイ政府にとって、初のミニ貿易協定となります。
インドのテランガーナ州との同様の協定は、今年1月に行われる予定でしたが、延期されました。

同商務大臣は、この新しいパートナーシップは甲府市がとりわけ宝石や宝飾品において、タイと甲府市の間の貿易、投資、経済協力を拡大する機会を増やすはずだと述べています。

甲府市は、山梨県中部の地域の商業と輸送の中心地です。
地元の産業には、宝石や宝飾品、ワイン生産を含む食品加工、繊維、水晶製品が含まれます。
山梨はもともと水晶ジュエリーの生産で有名でしたが、何世紀にもわたって宝石や貴金属の加工で日本を代表する地域になりました。
山梨県は日本一のジュエリー地域であるだけでなく、世界で最も有名なハブの1つでもあります。

ジュリン氏によると、商務省はまた、中国の海南省、インドのテランガーナ、韓国の京畿道とミニFTAを形成する計画を進めることを約束していると言います。

タイと日本の間の双方向貿易は昨年505億ドルに達し、タイからの輸出は228億ドル、輸入は277億ドルでした。
タイは昨年、日本との間で48.7億ドルの貿易赤字を計上しています。
今年の最初の5か月で、双方向貿易は249億ドルに達し、昨年の同時期から16%増加しました。
タイからの輸出は9.21%増の104億ドル、輸入は21.5%増の145億ドルでした。
タイは、今年最初の5ヶ月間で日本との貿易赤字が41.2億ドルでした。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP