• 月. 6月 14th, 2021

【動画あり】パーティを開いていたイギリス人ら2名を逮捕、罰金刑に。厳しいor当然。あなたの意見は?

Byサイト運営

5月 12, 2021

プーケットの警察がチューンタレーでの違法なパーティの現場を強制捜査した時の未編集ビデオがネット界隈で拡散され、プーケットで働いていた2人のイギリス市民がそれぞれ6,000バーツ(約21000円)の罰金を科せられました。
チューンタレー警察はまた、パーティーに出席していた別の4人の外国人に対しても同様の容疑で、警察署に出頭するよう呼びかけています。

警察は、同じ通りの住民からの通報を得て、9日日曜日の17時頃に敷地内に侵入しました。

映像では、門の前で入室を要求する警察を映し出しています…「開いて、開いて、ドアを開けて…今すぐ!」
中の人たちは「パーティーではありません」と叫びました。
襲撃を主導した警官は、他に多くの外国人やタイ人がいたにもかかわらず、イベントに参加した2人の英国人だけが警察に連れて行かれ、罰金を科せられました。

警察の報告によると、彼らは「伝染病法、BE 2558およびプーケット県命令#2284/2564セクション5に反対する行動」で公式に起訴されました。

4月末、プーケット知事は島に対する行動制限を強化することを発表しています。
「社会活動の場合、葬式、結婚式、叙階などの伝統的なイベントを除いて、すべての人が誕生日パーティー、歓迎会、送別会などのお祝いのために集まるのを控えなければなりません。」

当時、プーケットの副知事は、規則に違反した外国人は国外追放される可能性があると述べています。
外国領事館の担当官も県の事務所に招待され、知事は彼らが代表する市民が現在の規則と制限を遵守することを保証するように求めました。

アルコール飲料とバーベキューを備えた現場を映したビデオは、警察にとって現在の制限に明らかに違反していると見なされました。

ビデオの初期段階では、外国人は誰もフェイスマスクを着用していませんでしたが、敷地内のタイ人はカメラが回転しているときにフェイスマスクを着用していたか、すぐに着用していました。

警察は、敷地のベランダにあるアイスドリンクの山(ワイン、ビール、その他の飲み物が含まれていました)についても質問しています…「これは何ですか、これは何ですか?」

外国人たちは、それはパーティーではないと主張し、午後の集会の意図について警察に推論しようとしていたが、警察はすでに決心していたようでした。
「あなたたちは家族なのか?!ちがうだろ?」

事件についてのソーシャルメディアの解説の多くは、この集会が「パーティー」であったかどうかという点で意見が分かれています。
私的には、女性の姿(プリティ?)も見えますし、小規模ながらパーティだったのではないかと感じました。
マスクもしてなったようですし…。
おそらく、付近の住民からもパーティに見えたので通報されたのだと思います。
みなさんはどう感じましたでしょうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP