悪夢再び!バンコクなど6県で店内飲食禁止!5月1日より適用

速報です!

4月29日タイのCOVID-19状況管理センター(CCSA)は、バンコク、チョンブリー、チェンマイ、ノンタブリー、パトゥムターニー、サムットプラカーンでの規制強化を発表しました。

前述の都県では「最大および厳格な管理」エリアまたは「ダークレッドゾーン」になります。

5月1日より課せられる新しい制限の中で最も注目に値するのは、レストランでの店内飲食がを禁止され、営業は21時までとしテイクアウトのみの提供となります。
ジムなどの他の危険性の高い場所も閉鎖する必要があります。
また20人以上の集まりも禁止されています。

公共の場所では常にフェイスマスクを着用し、すべての学校と学習塾は閉鎖する必要があります。

また外出は、どうしても必要な場合にのみに限定されます。

ショッピングモールは21時までに閉店する必要があります。

また、空港での強制検疫が、10日に短縮された後、再び14日に延長されると発表しました。

再びあの暗黒の時代に逆戻りです。
それでも、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だー!

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします