行動規制どこまで? チェンマイではバイキング形式のブッフェが禁止へ

タイ北部のチェンマイの新型コロナウイルス対策当局は、5つの主要な地区へ出入りしないように国民への協力を求めています。
そのエリア内は、チェンマイ県のレッドゾーンとして指定されています。

チェンマイでは連日300件弱の新規症例が判明しており、県内で4月からの合計が1,733件になりました。

レッドゾーン地区は、チェンマイ市内、サンサイ、ハンドン、サラフィ、サンカンペーンです。

一方、ビュッフェでは、自身での給仕するタイプ(バイキング形式)のビュッフェは許可しないと言われています。
現在、アルコール類も禁止されており、正式に認可されない限り、50人以上の集会やイベントは許可されていません。

このような流れがバンコクにも及ぶのでしょうか。
ブッフェで店員さんが給仕してくれるようなスタイルだと、混みあったり、なかなか自分の食べたい量を伝えにくかったりと、いまいち食事が楽しめなくなってしまいます。
今回も早期で鎮静化すると良いのですが、数が数だけに不安が募りますね。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします