• 木. 10月 6th, 2022

24日大々的に迎えられたシノバック社製に対し、ひっそりと倉庫へ向かうアストラゼネカ社製。この差が意味するものとは…。

Byサイト運営

2月 26, 2021

新型コロナワクチンは無料接種。

サムットサコーン、バンコク、パトゥムターニーは、3月までに医療従事者と脆弱な人々に新型コロナのワクチン接種を開始する最初のエリアであると発表しました。

プラユット首相と中国大使が主宰する精巧な歓迎式典の中、中国企業シノバック社が開発した20万回分のワクチンの初出荷が24日水曜日バンコクに到着した。
パンデミック対応センターは、ワクチンが品質検査に合格すればすぐに、最も打撃を受けた県に直行させると述べました。

保健ボランティアを含む医療従事者、検疫施設を監督する防衛または内部の役人、および入ってくる乗客をスクリーニングする空港の役人など、患者に近い役人にもワクチンを割り当てます。さらに脆弱な方、特に基礎疾患を持っている方々にも優先されます。

タイ保健省によると、合計169,000用量分が、バンコク西部地区のサムットサコーン、パトゥムターニー、ノンタブリー、サムットプラカーン、タークのメーソート地区、ナコンパトム、サムットソンクラーム、ラチャブリーに配布され医療従事者と脆弱な方々を優先に使用されます。

また観光地を再開するために、チョンブリーやプーケット、スラターニーのサムイ島、チェンマイを含む外国人旅行者に人気のある4つの県へ、さらに14,700回分のワクチンが送られます。そして残りの16,300回分は予備として備蓄されます。

アヌティン保健相は記者会見で、タイ政府はワクチン接種の料金を請求しないと述べています。
「ワクチンはすべてのタイ市民とタイに住む人のためのものです」
「もしワクチンの支払いが必要だと誰かが主張した場合、例外なく逮捕されます」とのこと。

 

アストラゼネカワクチンもひっそりと到着

政府のパンデミックセンターによる本日記者会見では、11万7,000回分のアストラゼネカワクチンについては言及されていませんでした。
アストラゼネカワクチンも、中国のワクチンと同じ日にスワンナプーム空港に到着していました。

アストラゼネカが発表した配布資料の写真では、水曜日の午後にバッチが到着したことと、ほんの一握りの会社の代表者と保健当局が出席していたことが窺い知れます。

英国の製薬会社は、ワクチンが現在タイ保健当局によって検査中であるため、歓迎式典を開催する予定はないとのことでした。
ワクチンは水曜日の午後にタイに到着し、倉庫に直接移されたそうです。
それらはタイ保健当局によって検査され、ロットリリース証明書が発行されるのを待っている状態だと言います。

アストラゼネカのワクチンは、以前はバレンタインデーごろにタイに到着する予定でしたが、アヌティン氏によると、同社と欧州連合の間のワクチン供給紛争により遅れが生じたとのことです。

地元メディアでは、アストラゼネカワクチンにはいくつかの疑問があると述べています。
今回の最初の117,000回分のワクチンが、どこから来たのか尋ねるとアヌティン氏は回答を避けました。

しかし、資料の写真を見ると、その貨物がアストラゼネカの生産工場があるソウル仁川空港からやって来たことが判明したというのです。

また、アストラゼネカワクチンの到着も予想外でした。
なぜならアヌティン保健相は先週、ワクチンの最初の出荷が2月24日にタイに上陸すると発表したとき、それはシノバック社製のものだけが到着すると述べたからです。
アヌティン氏は、今回の配達の24時間前に、本日の出荷にアストラゼネカのワクチンも含まれることを明らかにしたのです。

アヌティン氏は「余計な疑念を引き起こしたくなかった」ので、それを秘密にしたと述べたとのことです。

タイ政府によると、アストラゼネカが開発したワクチンの最大6,100万回分は、タイ王室財産管理局が完全所有する会社であるサイアム・バイオサイエンス社によって、6月には国内で生産される予定となっていますが、未だに内情が公開されていません。

ワクチンをめぐる何か闇のようなものを地元メディアは感じ始めているようです。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP