【朗報】エムクォーティエで、もうすぐ「大麻入り」デザートが発売開始ですよ~。

大麻はまもなくバンコクのデパートのデザートショップで購入可能です。

サイアムパラゴン、エムクオーティエなどに出店している「カノムサイアム」では、パンダンリーフとココナッツベースのパンケーキに大麻の葉を織り交ぜた新商品を売り出します。

お店は、SNSに大麻の葉を上に置いたさわやかな緑色のデザートの写真を投稿しました。
このデザートは、洗練された大麻の一葉とパンダンリーフの香りを持っている素敵な気分なれるデザートだと言います。

このデザートは、サイアムパラゴン、エムクオーティエ、スアンプルーン市場の「カノムサイアム」で購入可能です。

陶酔効果を引き起こすテトラヒドロカンナビノール(THC)のレベルが低い大麻植物の一部は、12月にタイの麻薬リストから削除されました。
つぼみのようにTHCが高い部分は、依然として麻薬法の下でカテゴリー5の違法薬物として分類されています。

大麻を使った食事は、プラチンブリーのカフェでも提供されています。
「ガンジャの味」を意味する「ガンジャロス」は、大麻の葉を揚げたスパイシーなサラダ、大麻の葉を添えたパン、バジルと大麻の葉で炒めたガッパオを提供しています。
このカフェは、医療用大麻の宣伝に積極的に取り組んでいるチャオプラヤー・アバイブベート病院と提携しており、2019年に医療用マリファナ・クリニックを開設し、THC含有量の少ない大麻油を患者に配布しています。

THCのレベルが低い部分を使用して…ってことは、量をたくさん食べると…。
一般のタイ人に聞いたら「ヘラヘラ顔になるだけだよ、気分が良くなるよって」にこやかに答えてくるけど、それって…ヤバいじゃん!

あッ!くれぐれも日本へお土産ですって持って帰らないで下さいね!

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします