【パタヤ】非常事態令下のパタヤで、違法に営業していたマッサージ店オーナーと従業員6名を一斉検挙

1月13日の午後、パタヤ市警察とバングラマン地区事務所は、新型コロナウイルスを管理するための緊急命令と閉鎖命令に違反したとし、パタヤ地域のマッサージ店に強制捜査に入りました。

警察の捜査は、ノンプルーのセントラルパタヤロードにあるマッサージショップで行われました。
マッサージ店内では、6人の女性スタッフが従事していました。
オーナーのブーンスリ・ホワートさん(47歳)も店内におり、スタッフらと共にバングラムン地区事務所に連行されました。

ブーンスリ夫人は、許可なしに健康マッサージ店を開いたとされる容疑で、チョンブリー疫病管理命令に違反し、新型コロナを広める危険性のある懇親会を行い、緊急法令にも違反したとされています。
他の6人の職員は、集会を開いたことで緊急法令に違反した罪に問われています。

シャッターを部分的に下げ、店内は消灯し、閉店のふりをして営業していることを隠そうとしたが、うまくはいかなったようだ。

正直、スクンビットあたりにも同様の手口で、明らかに開いてそうな店があるんだが…。
黙認しているんですかね。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします