タイ政府、中国製ワクチンの購入に13億バーツ(約45.5億円)の予算を承認

1月3日タイ公衆衛生省は、アストラゼネカ=オックスフォード大学との間で締結された技術移転契約に基づくC新型コロナワクチンの生産が開始され、最初のバッチテストは5月までに準備が整う予定であると述べました。

同省はまた、「フェーズ3」のステータスをまだ獲得していないにもかかわらず、中国のメーカーであるシノヴァック製のCovid-19ワクチン200万回分を注文したとのことです。

ワクチンは3つの工程で提供される予定です。
2月下旬に約20万回、3月下旬に80万回、4月下旬までに100万回分が到着する予定です。

タイは、新型コロナの症例数が9,000件を超えました。
医学部長のスパキット・シリラック氏が、すべてのワクチンが品質と安全性の管理措置を受けていることを確認することが重要であると述べたにもかかわらず、フェーズ3を完了していないワクチンを追加しました。

ワクチンを販売する民間企業はタイの食品医薬品局に登録する必要があり、最も重要なのは医科学部によって認定されている必要があると彼は述べます。

一方、公衆衛生省は今年は人口の少なくとも50%がワクチン接種を受けているだろうと見込んでおり、アストラゼネカから購入した2600万回分の最初のバッチは5月に配達される予定です。

アストラゼネカとの技術移転契約の下で、2億回分または月に約1,500万から2,000万回分のワクチンがサイアムバイオサイエンスによって生産される予定です。

政府はまた、ファイザー、モデルナ、中国企業を含む他のメーカーからのワクチンの購入を交渉しており、より多くのワクチンを入手していく可能性があります。

さらに5日タイ内閣は、中国のシノヴァックが製造した新型コロナワクチンを200万回分調達するための予算13億バーツ(約45.5億円)の予算を承認したと発表しました。

前述のとおり、プラユット首相は中国製のワクチンについて、最初の20万回の投与が2月にタイに到着し、3月下旬にさらに80万回、100万回が到着すると述べました。

政府はまた、5月または6月に到着する予定のオックスフォード=アストラゼネカワクチンの追加3500万回分の投与に関する合意に署名しました。

注文されたすべての新型コロナワクチンは、タイおよび保健当局によって承認されなければならない、と首相は付け加えている。

中国製ワクチンは、情報開示が不十分で、開示されている部分の信用性も乏しく、副作用などが心配されています。
安かろう悪かろうでは、予算の無駄遣いになってしまうのではないだろうか。
中国製ワクチンは低所得者用などと言う、使い分けがされないように祈るばかりだ。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします