【事件相次ぐ】シーラチャーで日本人男性が飛び降り自殺か?!

photo by MGR ONLINE

連日ニュースの絶えない、タイ第2の日本人街シーラチャーで、またまた事件です。

働き盛りの日本人マネージャーは、何故シーラチャーホテル裏で亡くなっていたのでしょうか。

1月6日午前6時30分ごろ地元警察は、シーラチャーのダウンタウンにあるホテルから人が6階から転落したようだとの通知を受け取ったため、現場に向かいました。

現場では、救助隊が日本人男性の心肺蘇生を行っている最中でした。
こちらの男性はのちに、ピントン工業団地のある会社のマネージャーを務める野崎しんやさん(40歳)ということが判明しました。

蘇生処置は、約20分間CPRが行われましたが、その甲斐もなく現場で死亡したことを確認いたしました。

野崎さんが、滞在した部屋は特に荒らされた様子もなく、ホテルの監視カメラを含め、事件当時、誰も部屋に出入りしていなかったことが確認されました。
警察は彼は故意に部屋から飛び降り、自殺を計ったものと推定しています。

現場で新型コロナの検査も行いましたが、感染していませんでした。

亡くなった野崎さんの友人は、このように証言しています。
彼は日本人でタイ人の妻がいました。しかし、タイの妻は地方で事故を起こした親戚を訪ねるため、12月16日より家を留守にすることになったそうです。
しかし野崎さんは、妻に行かないで欲しいと懇願したようです。
また野崎さんには、うつ病の病歴があることがわかりました。今回は自殺の原因かもしれません。

この後、警察は彼の親族に連絡して事件を知らせました。
警察は、親族に故人の遺体引き渡す前に、死の正確な原因について再度検査するとのことです。

photo by MGR ONLINE

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします