デモ会場で配布されたアヒルクーポンは違法との見解。フードコートのクーポンは問題なし?

 

警察によると、水曜日の反政府集会の間に配布された黄色いアヒルの食事クーポンは違法であり、その文言は不敬罪に至る可能性があります。

25日水曜日の夜、デモ会場に参加した露店で使用できるクーポンが配られました。
そのクーポンを利用して食べ物やその他の商品を購入することが可能になります。

警察によりますと、この行為は通貨法の第9条に違反しているとのことです。
この法律に抵触いたしますと、最長3年の刑期および/または50,000バーツの罰金が科せられます。

捜査官はまた、それらのクーポンの文言を調べ、それが刑法第112条(不敬罪法として知られている)に違反しているかどうかを判断しています。
言葉遣いが君主制を侮辱すると見なされた場合、捜査官はさらなる行動のために事件を首都警察局の専門捜査課に転送すると言います。

第112条は、「王、女王、相続人、または摂政を侮辱する、侮辱する、または脅迫する」者に対して3〜15年の懲罰を規定しています。

イエローダックのクーポンは、水曜日の夜、バンコクのチャトゥチャック地区にあるサイアムコマーシャルバンクの本部であるSCBパークの前で行われた反政府集会で配布されました。
スタッフは3,000枚のクーポンを配布しました。 各クーポンの申告価格は10バーツで、近くの参加露店で食べ物やお土産を購入するときに使用できます。

それらを作った人々もまた、銀行券やコインを改ざんしたとして刑法第240条に基づく刑事告発に直面する可能性があります。
それらの人は、10〜20年の刑期と200,000〜400,000バーツ(約70万円~約140万円)の罰金を科せられるとのことです。

一説には、それらを使用した人々は刑法第244条に基づき、1〜15年の刑期または20,000〜300,000バーツ(約7万円~約105万円)の罰金に直面する可能性があるとのことです。

この話しを聞いて少し疑問に思いました。
タイのフードコードで食事をする際、クーポンを購入して食べ物などと引き換えるのが一般的かと思います。
今でこそ電子カードのところばかりですが、昔は藁半紙のチケットと交換し、それを用いて食事を購入していました。
これはセーフなのでしょうか?

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします