• 火. 8月 3rd, 2021

タイで大麻は合法?となるか。日本へのお土産品にご注意

Byサイト運営

11月 25, 2020

タイでお土産を購入する時は、日本に本当に持ち込めるものかどうか注意が必要です。

11月25日。タイ政府は、大麻と麻の植物のほとんどの部分を化粧品や食品に使用することを許可することを計画している、と保健局の常任秘書が言及しました。

その前日、麻薬取締委員会は、大麻と麻の葉、枝、茎、幹、樹皮、繊維、根を政府の麻薬リストから除外することを決議したと述べました。
さらに麻の種子と種子抽出物、およびカンナビジオール(CBD)とテトラヒドロカンナビノール(THC)の最大0.2%含有量の使用も含まれます。
これには、薬物含有量の高い花を含む新芽は含まれません。

食品医薬品局(FDA)は、この趣旨の新しい公衆衛生規則を起草します。
その後、公衆衛生大臣がそれを承認し、ロイヤルガゼット(官庁報道)がそれを公表したときに新しい規制が施行されると彼は述べます。

許可された部品とコンテンツは、許可された生産者(医療および研究タスクを行う政府機関、現代および伝統的な医療従事者、大学、地域密着型企業、地域協同組合)からのみ提供されなければなりません。

FDA事務局長は、規制緩和は個人および医療のための大麻と麻の使用、および繊維、衣服、医薬品、ハーブ製品の生産を目的としていると述べた。

タイには、飲むだけで胸が大きくなる薬や痩身のための薬など、その効果が怪しいものや、ネット通販で購入した薬の中に違法含有物が含まれていて、実際に亡くなってしまったケースもでています。
さらにこの法案が通った場合、大麻成分が入った化粧品や衣類など、知らぬ間にお土産品として購入し「成田でワンちゃんに御用」なんてケースが容易に想像されてしまいますので、今後は十分ご注意下さい!

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP