タイ人有名女子プロゴルファーがアメリカ国内で新型コロナに感染

タイの女子トッププロゴルファーの3名(エリヤ―&モリヤー・ジュタヌガーン、キラデック・アピバーンラット)は、米国の新型コロナ検査で陽性反応を示しました。

ジュタヌガーン姉妹は現在、自己隔離しており、来週開始する予定だったLPGA(全米女子プロゴルフ協会)トーナメントから撤退を表明しました。
「私たちは非常に慎重に行動していましたが、残念ながら、モー(モリヤー)と私(エリヤー)は両方ともCovid-19に対して陽性でした」とエリヤーさんは書いています。

私たちはどちらも軽度の症状を示していますが、ペリカン女子チャンピオンシップから撤退しなければならないことに非常に落胆しています」と彼女はフロリダ州ベルエアで来週木曜日に始まる予定のイベントについて言及しました。

スケジュールを再開しても安全になるまで、自宅で隔離します。 皆様のご健勝をお祈り申し上げますとともに、ツアーに復帰できることを楽しみにしております。」

モリヤーはFacebookで「軽度の症状」があると書いています。
「症状はずっと良くなっています。 熱が下がりました。 それでも咳と呼吸が少し大変です。嗅覚味覚は正常です。 皆さん、心配してくれてありがとう」と彼女は言った。

ヨーロピアンツアーで4つのイベントで勝利を収めたキラデックもFacebookで、フロリダにいる間に感染したと語りました。
「火曜日は気分が良くなかったので、自宅でCovid-19テストを受けましたが、残念ながらテストで陽性でした。私は現在、自己隔離し、これまでに接触したすべての人との接触追跡に取り組んでいます」と彼は書いています。
「私はまだ熱や味の喪失などの軽度の症状を経験しているので、オーランドの家で休んでいて、完全に回復したらツアーに戻ります。」

エリヤーとモリヤーはまた、オーランドに家を持っており、米国のゴルフシーズン中に拠点として使用しています。
エリヤーさんは、気分は良く熱はなかったが、味覚や嗅覚は回復しなかったと語った。
「私はまだ呼吸が困難で、疲れやすいです。」

エリヤーとモリヤーは、10月22日から25日までジョージア州グリーンズボロで開催されたLPGAドライブオンチャンピオンシップに出場し、その後少し休憩してアリゾナのグランドキャニオンを訪れました。

2018年には、世界No.1の元プレイヤーオブザイヤーを受賞しており、2つのメジャーを含む10のトーナメントで優勝したエリヤーは、現在、世界で20位にランクされています。
LPGAツアーで1度優勝経験のあるモリヤは47位となっています。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします