【詳細リストあり】タイ航空が旅客機34機を売却へ

 

タイ国際航空(Thai Airways International)は、経営危機を乗り切るために、ボーイング747とB777-300を含む34機の旅客機を売却することを決定しました。

航空会社は、5日木曜日にwww.thaiaircrafttrading.comWebサイトに売買する飛行機の詳細を掲載もしていますが、既に取り引きのある顧客リストには、直接航空会社に連絡するよう招待されています。

ほとんどの航空機は平均して20年以上経過しており、実際には使用されていません。
タイ国際航空は、航空機が11月13日までに完売されると見込んでいます。

破産裁判所は、危機を解決するための新しい戦略を考え出す必要があるため事業修復計画を承認しました。
タイ国際航空では、事業をケータリングサービスに移行しある程度の成功を収めています。
ディープフライされたパフ&パイを販売しているそうです。

何億をも動かしている大企業が、パイ生地売って経営補填などと想像もつきませんが、本当に大丈夫なんでしょうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします