パタヤ女性と家飲みはいかがですか?

 

タイに旅行する目的はなんですか?
「夜遊びです」
そう答える世の男性方がいることも一つの事実。

しかしながら、新型コロナの影響で夜遊び目的で簡単にタイへと旅行することはできなくなりました。
それによって、夜の街とされていた場所は一変し、多くのクラブやバーなどの夜遊びスポットが閉店へと追い込まれています。

それでもなお、夜の世界でたくましく生きる人たちがいます。
今やオンラインの時代。新型コロナでお店に来れないのなら「オンラインで来てもらえばいいじゃん」と言わんばかりに
かつての不夜城パタヤにあるバーの女性たちは、次々とyoutuberデビューを果たし、生き残りに望みをかけています。

YouTubeにアクセスして「pttaya  bar live」と入力してみてください。
パタヤのさまざまなバーから、数多くのビデオクリップやライブストリームをご覧頂けるかと思います。

現在YouTubeでストリーミングされている多くのバーでは、PayPalへのリンクがリストアップされており、顧客は女性のバースタッフに寄付をしたり、飲み物を購入したりできます。
バーでのライブストリームにより、別の国の自宅に座っている顧客は、まるでそこにいるかのようにバーのスタッフとつながることができるのです。

今年3月に始まったアカウントの「Sweet Media」は、パタヤでのプールパーティーのビデオを投稿し「女の子がプールパーティーでビショビショになるのを楽しんでもらっている」と言います。

YouTubeアカウント「S3xybarsoi buakhao」では数か月間ほぼ毎日ライブストリーミングが行われています。

彼らは当初、数100のビューから始めて、今では1,000を超えるほどの人気となっています。

「Pattaya oh Bar」では、8月にYouTubeに参加しました。 彼らはバーでライブストリームをするだけでなく「バーレディー、ビーチバレーボール大会」のような企画ビデオクリップも売りにしています。 しかし内容的には、女性たちがバレーボールを真剣にプレイするのではなく、ビーチに並んでいてそれぞれ異なる色のビキニを着てストレッチしるなど、視聴者を悩殺するのが目的なようです。 別のビデオクリップでは、英語を勉強している「ビールバー、レディエイミー」のビデオで、パジャマを着た机にいる女性が教科書を8分間めくっているだけのビデオです。

さまざまな工夫をへて、かつてのパタヤの灯火を守らんと悪戦苦闘しているようです。

日本からパタヤの女性と家飲み、いかがでしょうか。

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします