ナコンサワン県で、伝説の猿王現る!~観光客殺到中

9月25日にナコンサワン県のカオノー山で、伝説のサルの王が発見されたというニュースが流れ、観光客が殺到している模様です。

地元メディアによりますと、バンデーン地方自治体の警官は、カオノー山頂にいる巨大なサルの写真を撮ることができたそうです。
県内の人々は、これは伝説の猿王だと言いました。
そしてそのニュースが報じられた後、何百人もの訪問者がこの山に集まり、臨時の食べ物や飲み物などの屋台が設置されるほどになりました。

カオノー山の近くに住む61歳の女性キムリエン・ユヨドさんは、母親と祖母から猿王の伝説を聞いたことがあると言い、巨大な猿は他の類人猿よりも大きく、めったに見られないと付け加えた。

彼女は約50年前、カオノー寺の住職がベルを鳴らしすまで、ほとんどのサルが山から降りることはなかったと説明しました。
「今日、何千ものサルが寺院に住み始めています。 今回の件以外で山で誰も猿の王を見つけることはありませんでした」と彼女は言います。

本当に伝説の猿王なのでしょうか。
信じるか信じないかは…あなた次第です!

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします