プーケットモデルの前倒し案。9月中旬よりパイロット版としてテスト運航を予定

新型コロナ禍以降、外国人観光客への開国派の急先鋒スポーツ・観光大臣のピパット氏が、10月にプーケットを限定的に外国人観光客へ開放する前に、9月半ばに試験的に一部観光客を受け入れる予定だと語った。

観光客はプーケットへの出発の48時間前にPCR検査を受ける必要があり、到着時にも再度検査をいたします。そしてプーケット内での自由な行き来を許可される前に、14日間代替州検疫所に留まる必要があります。
そしてプーケット以外の他の県に移動したい場合は、検疫施設にさらに7日間滞在する必要があります。

大臣は、この新しいモデルは外国人観光客がタイに感染をもたらさないことを人々に保証するために必要な処置であると付け加えました。

ピパット氏は、このモデルは9月中旬に約200人の観光客からなる最初のグループで構成される予定であると述べた。それらのほとんどはオーストラリアとニュージーランドからの観光客だそうだ。

このモデルの対象となる観光客は、少なくとも30日間国内の発生がなかった国からの旅行者である必要があると彼は言った。
同省はモデルの最終的な詳細を検討し、それはプラユット首相に提案される。

この新しいモデルは、観光客が「限られた場所」だけを旅行できるようにした最初のケースとなり「プーケットモデル」とは異なると付け加えました。

同氏はまた、プーケットモデルが10月に試験的に実施できるよう引き続き計画を推し進めると述べた。現在プーケットの約10のホテルがプーケットモデルに参加することに積極的になっていると語ります。

タイ政府観光庁(TAT)、公衆衛生、内務省、運輸省の代表が9月5〜6日にプーケットを訪問し、新しいモデルとプーケットモデルに関するプーケットの住民の意見を調査します。また同チームは来月サムイ島を訪れ、「サムイバブル」モデルを提供する準備ができているかどうか視察しに行く予定です。

しかしながら政府副スポークスマンは金曜日(8月28日)に、政府があまりにも多方面に渡り危機管理を考慮しなければならないので、タイはいわゆる「プーケットモデル」に沿って外国の観光客に対し、完全に開国することはないであろうと言った。

一方、タイ国際航空は木曜日、今年11月下旬に6つの国からプーケットへのチャーター便を開始する計画を発表しました。

6つの目的地は、デンマーク、ドイツ、イギリス、韓国、日本、香港です。航空会社は、需要に応じて、各ルートで月2回以上のフライトを運航します。タイ航空はまた、チャーター便の旅行者を中国からプーケットに飛ばすことも期待しています。

ピッパット氏によると、同省は2020年10月から2021年3月まで、200万人の外国人訪問者を目算しており、タイに1ヶ月以上滞在して寒い冬を脱出したいハイエンドの観光客に焦点を当てていく方針だ。それらのほとんどの人は定期的にタイに訪問している方になります。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします