あのアイドルの仕掛け人『サイアムドル』のライブが`帰ってきた!~SNEAKERS SHOWCASE in Terminal21

地下界にそびえたつ金字塔『サイアムドル』がついに復活!

BNK48、IDOL EXCHANGE、MOTOR SHOWにCOMMART THAILANDと、アイドルライブや展示場での大型イベントがほぼ復活している中、コロナ禍以前に見せた活発な動きに鳴りを潜めている一大勢力がいる。タイ地下アイドル界の巨頭『サイアムドル』だ。コロナ禍以前は、日本のアイドル事務所がタイでライブをやる際のオーガナイザーとして手腕を発揮し、ついには日本人アイドルプロデューサーとタッグを組み、「SUMOMO」や「AMERYU」といったグループをマネージメントしているアイドル運営事務所だ。

やはり『サイアムドル』がプロデュースするアイドルはクォリティや完成度が違う。日本の地下界と十分に張り合っていけるレベルがあり、その結果はファンの数にも表れている。
新型コロナ禍以前は、毎週末どこかでライブを行い、集客面においてそのすべてに成功を納めてきた「サイアムドル」が、新型コロナ禍以降なかなか動かない!とファンをやきもきさせていた。

そんなファン待望の最後の眠れる獅子がようやく動き出した。

8月21日よりアソークのターミナル21で開催されているイベント『SNEAKERS SHOWCASE』で新型コロナ禍以降、初のステージとなった。
実際には「サイアムドル」所属の『SIAM DREAM』は22日、『SUMOMO』『AMERYU』は23日が出番であった。

22日23日には、初日にはなかった整理券の配布が行われ、デパート開店後すぐに用意された40枚の整理券が売り切れるほど当日はファンの熱気に溢れていた。いかにファンらが今日を心待ちにしていたか、伺い知ることができるだろう。

そこまで引き付ける魅力とは何か?
やはり地下系のアイドルの良いところは、ライブと共に一緒に騒いで踊って盛り上がれることだろう。BNK48の現場でやると間違いなくアウトなレベルだ。
ただお祭り好きのタイ人には、こちらの方が楽しいと感じる人も多いのだろう。

さあ、実際のイベントの様子はというと…
22日の『SIAM DREAM』では、新メンバーのお披露目が行われていた。
現メンバーのアイス、メリー、ヒカリン、マティルダ、ファニーに加え、ミホ、ミサカ、ミュージックが新メンバーとして加入した。
この件については、後日別途ご紹介していくこととしよう。
ライブ終わりの特典会を二つに分けて行うほど、行列が絶えなかったそうだ。

さらに23日は『SUMOMO』『AMERYU』の出番の日だ。
こちらはそれぞれ日本の第一線で活躍しているアイドルプロデューサーが楽曲やダンスなどを提供し、タイでのマネージメントを「サイアムドル」が運営・管理しているグループだ。

ちなみにこの日披露された各グループのセトリ(セットリスト)をご紹介しよう。

『AMERYU』

1. Balance!
2. ねこねこビーム(新曲)
3. ทำนองของเธอ(君に合うMelody)
4. ไปด้วยกัน(more the happy)
5. LOVE GAME

『SUMOMO』

1. Landmark
2. My Dear
3. ハレとケ!あっぱれ!ジャパニーズ!
4. OIDEMASE!! 〜極楽〜

『AMERYU』は新曲「ねこねこビーム」が発表されるなど、イベント特設会場前は大いに盛り上がっていた。

特にこの『SUMOMO』が披露した「ハレとケ!あっぱれ!ジャパニーズ!」…、そうそうこの『SUMOMO』は日本のアイドル『FES☆TIVE』の姉妹グループとして誕生しているので、『FES☆TIVE』の楽曲をタイ語VER.で歌っているのだ。

時を戻そう…。
その「ハレとケ!あっぱれ!ジャパニーズ!」を披露した際の盛り上がり様は、本当にすごかった。すごすぎて若干怖くなって「途中で帰ろうかな…」本気で思ったくらい(汗)
ジャンプやリフト、オールオッケーの現場だったので、ターミナル21の床が震度5並みに波打っていた。
そんなことに遠慮は無用だ。これは楽しんだもん勝ちの現場だ。楽しんだら絶対楽しめちゃう現場なのだと言わんばかりの激しさだった。

やっぱり現場を見に来るべきだと改めて感じた。
観光客が来なくなり閑散としてしまったかつての人気デパート・ターミナル21の一番奥の方で、エアコンの温度センサーを狂わすほどの、そんな熱気に溢れる空間が作り出されていた。
新型コロナがようやく一段落となり、さらに「サイアムドル」が戻ってきたことで、会場に来ていたファンたちは、あの平和だった日常が戻ってきたんだと実感できた日になったのではないだろうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします