【タイ】不法移民者が続々と越境。新型コロナは水際で食い止められるのか?!

photo by The Nation

ミャンマーの7人の不法移民と手引きしたタイ人ドライバーがランパーンで拘束

 

2020年7月30日木曜日。ランパーン県の移民警察はミャンマー国籍の7名を不法入国の疑いで逮捕した。またそれを手引きしたタイ人男性も不法入国ほう助の罪で逮捕となった。

「木曜日の朝方、サリアムワン検問所で挙動の疑わしいピックアップトラックを止めた」と、ランパーン入国管理局の警察長大佐は言った。
「車両を捜索している間、警官たちは車の中にミャンマー国籍の7人が潜んでいるのを発見しました。 彼らは入国に関する書類を所持してなく、国境検問所の審査手続きを通過せずに国に入ってきたことが判明しました」

容疑者の1人は、ターク県の国境を越えてランパーンで職を探すためにタイに入ったと警察に自供していると伝えられている。 ミャンマー国籍の7人とタイ人の運転手は起訴され、法的措置のためにウィアンモク警察署に送られました。

タイは新型コロナに対して、断固たる水際作戦で国内流入を食い止めています。ただ連日のように不法入国者のニュースが止まりません。全員逮捕されているとは思えないので、網の目をくぐって入国に成功した人たちが、せめて健康体であることを祈るばかりです。

国境検問所では、国内に不法滞在外国人の情報がある場合は、入国警察ホットライン1178に連絡してほしいと協力を促している。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします