【タイ】最後のビザ免除期間について詳細を発表

 

2020年7月24日。
本日タイ移民局は、現在ビザ免除を受けてい外国人の猶予期間に関する詳細情報をリリースしました。
ビザ免除に該当される方は、2020年3月26日以降にビザの有効期限が切れた国の観光客に適用されます。

【趣旨要約】
短期ビザ(ツーリスト)の場合:
9月26日までに別のタイプのビザを申請したり、出国できないことを証明したりしない限り、国を出国する必要があります。
自国でのフライト不足または制限のために帰国できない場合は、各大使館からその旨の手紙を受け取り、遅くとも9月26日までに入国管理局に書類を提出する必要があります。
病気で帰国できない場合も入国管理局への証明も必要です。

9月26日より前に出発する予定の方は入国管理局に通知する必要はありませんが、その日までに出発する必要があります。 この日以降、ビザの免除や猶予期間がなくなる可能性は高いと思われます。

長期滞在ビザ保持者:
通常の年間ビザの有効期限が切れている、失効している、または9月26日までに移民局を訪問して、猶予期間中に更新手続きが必要な場合、ケースバイケースで認められる可能性があるため、ビザの種類が通常は一度出国を必要とする場合は、移民局と対応について相談する必要があります。 ビザ代理店で代理人を雇うことも可能です。

長期ビザ保有者向けのすべてのタイプのビザ延長は、9月27日に始まります。入国管理局はこれをできるだけ早く完了し、延長手続きを早期に完了するために無駄のないよう迅速に行いますので安心してください。

3月26日から7月31日までに90日レポートを済ませた人は、8月31日までに、直接またはオンラインで通常の90日レポートを行う必要があります。

2020年9月27日より、すべてのオーバーステイ関連の罰則と罰金が発動します。

猶予期間ギリギリに動かれますと大変込み合う可能性がありますので、手続きをされる方は余裕をもって臨まれますことをお薦めします。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします