第41回バンコクインターナショナルモーターショー7月15日から開催

photo by thansettakij

2020年6月21日。

タイはまごうかたなき車社会である。大手日系車メーカーの元、10,000を超えるサプライヤーやアクセサリーの企業で多くの雇用を生み出している。もちろん車が売れなければ生産をする必要がない。タイにおいて、その車の販売を助けているのが、年に何度か開かれる「モーターショー」だ。

日本の場合、「モーターショー」というと次世代カーや技術の発表会的役割り強いかと思うが、タイの場合、実は直販マーケットの色合いが強く、次々とモーターショーの場で車がうれていくのだ。ただ現在規制緩和フェイズ4の元において、大きな展示会イベントを執り行う際はハードルも大きい。基準としては、1メートル以上の間隔を保つ必要ということだが、これよりもこのような一大イベントを開くには、社会的な目にも気を配るという面が大きい。先日開かれた映画館のイベントではフェイズ4の前だったということもあり、パラゴンの信用を落としかねない状況とさえなった。

過去記事:【タイ】非常事態令の最中、イベントが開かれた結果…。~3日間の休館措置

ただ今回の「モーターショー」はきちんとした根回し後、万全の体制で開くことになるので問題がなさそうだ。
タイ政府観光庁がお墨付きをとして発行するサービス基準と公衆衛生を認証する『SHA』ロゴが付与された後に開く予定となっている。

ただしこの『SHA』、イベント開催後に事後検査をした際に衛生基準、安全基準が満たされていなかった場合、即刻取り消しもあり得るという厳しいものだ。だが厳しいからこそ、我々は安全に見に行くことができるというものだ。それくらい今後、権威のあるロゴとなっていくと思われる。

第41回バンコクインターナショナルモーターショー(会場はインパクト・ムアントンタニ)6月26日に最新の情報はメディアとの記者会見を開きます。

 

2020年7月13日月曜日:VIPスペシャルゲストデイ
2020年7月14日火曜日:メディア、プレスデイ

一般開放は、2020年7月15日水曜日から7月26日日曜日までの合計12日間
会場時間は、月曜〜金曜:12:00〜22.00、土曜〜日曜、祝日:11.00〜22.00

 

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします