【タイ】注意すべきは新型コロナだけじゃない

 

2020年6月19日。

新型コロナ封じ込めに一様の収まりをみせているタイ国内。しかし、新型コロナの影である病気が猛威を奮っていました。
それが「インフルエンザ」。

インフルエンザをただの風邪と思っているあなた、ひとたび罹患すれば国によっては新型コロナよりも死亡者を出しているところもあるくらい危険な状態となるのです。

タイは現在雨季に入り、気温も下がっていますのでインフルエンザが蔓延しやすい環境となっています。
チェンマイの地元メディアによりますと、今年はタイ全体で既に7、305人がインフルエンザに罹患しており、そのうち1、767人がチェンマイ内での患者だそうです。

タイ人は食事が冷たくなっても気にしないですし、常に冷たい飲み物を飲み体を冷やす傾向にありますが、タイの地元メディアでも温かい食事をとり、マスク、消毒など衛生面に気をつけるよう注意を促しています。

また今年はデング熱の罹患者も多いようで、既に263人が罹患し1名が死亡しているとのことです。

21世紀は伝染病との戦いとなってしまうのでしょうか。子供たちの未来が心配です。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします