【フアヒン】前タイ国王が愛したリゾート地も復活!

 

2020年5月24日。

プラチュアップキリカーン県にある前タイ国王も愛したリゾート地フアヒン。
5月18日から新型コロナ対策の制限はあれど、ホテルなどの宿泊施設、レストラン、ショッピングセンターなどが再営業をし始めている。
ホアヒンからカオタキアップのビーチも再びオープンとなった。

しかし、ここを訪れる者にひとつだけ失望させるものがあった。ビーチから馬が消え去ってしまったことです。
フアヒンのビーチでは、砂浜沿いに乗馬を楽しませてくれる流しのサービスがあり、他のビーチではあまりみかけないことから、以前はここの目玉観光の一つでもあった。

実は今年の初頭から馬ペストがこの地で流行の兆しをみせ、約20頭もの馬が死亡してしまっていたのだ。その被害は2か月以上にわたって続いていたのだ。
ただその疫病も人々の努力でようやく一段落がついたようで、ついに5月29日
ホアヒンビーチで乗馬のサービスも解禁となるとのこと。 ただし、時間は昼間のみのようで夕方前には終了させ、またフアヒンの馬を他の場所へ移動させないなどの細かな条件がついている。

海外からの観光客が流入してくる前に、今だからこそお得にゆったりとタイの国内旅行が楽しめるというチャンスかもしれません。まだの方もリピーターにもお勧めのリゾート地ですので、是非足を伸ばしてみて下さい。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします