【タイ】チェンマイのアイドル犬不審死に10万バーツの懸賞金

2020年5月22日。

チェンマイ大学のアイドル犬「ティア先輩」。検死の結果、他殺の様相を呈しており、現在新たな証拠や目撃者を捜索中とのこと。

過去記事:チェンマイ大学のアイドル犬不審死、さらなる新展開!

さらに追及を求めるウォッチドッグ財団は、もし有力情報によって逮捕と起訴につながった場合、10万バーツの懸賞金を出すと発表した。
しかし動機はどういったものなのでしょうか。
寄付に関する問題、嫉妬、有名人を妬む人々の理論、 もしくは全く個人的な問題などなど…。

ウォッチドッグ財団は続けます。
「犬一匹の一生=人ひとりの一生、命は同等です。是非助けて下さい。有力情報が複数あった場合、10万バーツが分配されるようにします」と。

タイでも最後に正義が勝つことが証明されることを望んで止みません。

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします