【非常事態令】規制の中、帰省ラッシュ始まる!~タイ

5月1日。

紆余曲折あり最終的に5月の祝日はカレンダー通り休みとなった。

それはいい。

タイは、5月1日(労働者の日)土日、5月4日(戴冠記念日)、5月6日(仏誕節)と最大で6日、少なくとも4日間連休となった。

だが、新型コロナ対策への規制は解かなかった。
酒類の販売は禁止、夜間外出禁止令、他県への不要な行き来。。。

だが4日間も休みを得たタイ人は、おいそれと家にじっとしていられるような国民性ではなかった。
続々とイサーン方面(タイの東北部。出稼ぎでバンコクへ出てくる者も多い)へ向かう車の列。
途中のガソリンスタンドでは、満車状態の駐車場に「密です」状態のコンビニ。

正に国民は「規制には帰省で」対処したわけだ。くーっ!

地元紙も注意を促す。
新型コロナウィルスに感染拡大を抑えるために気を使ってください。このままでは、みなさんの大事な家族に感染させてしまう可能性がありますと。

せっかく、規制緩和を徐々にしていこうという最中、2週間後にこの帰省のために全国へ感染拡大が広がってしまったら…。
ここまで新型コロナウィルスに対して、慎重な対応をとり続けてきたタイ政府だが、この祝日についての判断だけは致命的なミスを犯してしまったのかもしれない。

過去記事:5月の休日の延期の中止

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします