タイのメッシらがチームのために約一億円を返納

4月6日。日本のサッカーJリーグ一部では、現在新型コロナウィルス感染拡大のため
公式戦を中断させている。

その現状を受け、北海道コンサドーレ札幌全28人の選手から4~9月までの報酬の一部返納の申し出があったと
コンサドーレの野々村芳和社長から発表があった。

 

返納総額は一億円規模とのこと。

 

コンサドーレのよると本年度の売り上げは約40億円の見込みに対し、選手たちの人件費は約9億円。
新型コロナウィルスの影響による損失額は約5億円との試算だ。

※ちなみにこの申し出を受けるかどうかは現在検討中とのこと。

北海道コンサドーレ札幌には、タイのメッシこと「チャナティップ」選手も参加している。
その兼ね合いから、タイのローカルニュースでもこの件はトピックとして取り扱われていた。

 

一刻も早い感染拡大の収束を願って止まない。

↓北海道コンサドーレ札幌のニュースを伝えるタイの地元テレビ

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします