フアヒンで列車と乗用車が衝突事故。3名が死亡。うち1人は警察官。

12月8日午前4時ごろ、フアヒンのソイ94の踏切で、乗っていた車が列車と衝突し、3人が死亡1人が重傷を負いました。

事故は、ナコンシータマラートとバンコクの間を運行する急行列車86号線が、マツダの白いセダンに衝突し発生しました。

列車はホアヒン駅を停車後、南下していました。

死亡者の1人はマツダの車内で発見され、残りは車外に投げ出されていました。

死亡者の1人は、フアヒン警察署の上官でした。

捜査官は、事故がどのように、なぜ発生したかを捜査中とのことですが、一部では踏切板を突破して突っ込んだようだとのこと報道もありました。

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る